脱毛リスクとAGA治療薬の感受性を遺伝子レベルで分析

AGA(エージーエー)遺伝子検査で分かること

AGA(エージーエー)の原因は男性ホルモン中のアンドロゲンによる影響が最も大きいと考えられています。
AGAドックではこのアンドロゲンを受け取る受容体(アンドロゲンレセプター)の感受性の高さを遺伝子レベルで分析しAGA(エージーエー)のリスクを予測します。 「CAG」、「GGC」 2つのリピート数を分析!

1.脱毛リスク

若い時期にAGA(エージーエー)を発症する
リスクを予測

AGA(エージーエー)遺伝子検査 結果の図 脱毛リスク

※CAG、GGCのリピート数を合計して判定

2.フィナステリドの感受性

フィナステリドによる
治療効果の予測

AGA(エージーエー)遺伝子検査 結果の図 フィナステリドの感受性

※CAG単独のリピート数にて判定

2008年7月に発表されました「男性型脱毛症のフィナステリド治療効果とアンドロゲン受容体遺伝子CAGリピート多型との相関性」を基に、CAGリピート数とフィナステリドの治療効果の相関関係における基準値を24から25に改変いたしました。

脱毛の傾向に対する対策(アドバイスブック)をお送りいたします。