AGA治療薬

AGA治療薬

内科的治療(内服) プロぺシア(フィナステリド)

プロぺシアとは?

プロぺシアは、主成分フィナステリドを含む日本で唯一のAGA(エージーエー)の経口薬です。 当初、米国では前立腺肥大の治療薬として認可されましたが、AGA(エージーエー)改善がみられることが確認され、経口育毛剤として開発されました。
日本では2005年に厚生労働省に承認され、同12月に万有製薬より発売が開始されました。

働きは?

フィナステリドは男性ホルモン(テストステロン)からジヒドロテストステロン(DHT)へ変換する酵素である5αリダクターゼを阻害する働きのある薬品です。
5αリダクターゼ(U型)の酵素の働きをブロックし、抜け毛の原因となるDHTの発生を抑えます。

プロぺシアの効果は?

フィナステリド(1mg)は3年間の服用で約90%の人にAGA(エージーエー)の進行が認められなかったという報告があります。
海外でも、5年間の服用で約90%の方に抜け毛進行を抑える効果、あるいは改善効果が認められたとの報告があります。

使用について

フィナステリドには医師の処方箋が必要です。
まずは、皮膚科などで受診して医師に診断してもらいましょう。なお、女性や幼児には投与できません。副作用は性欲減退、勃起機能不全、肝機能障害、食欲不振、胃部のむかつきなどが報告されています。

内科的治療(外用) ミノキシジル

ミノキシジルとは?

「発毛剤」として日本で唯一認められている外用薬がミノキシジルです。
当初、米国では血圧降下剤として開発されましたが、副作用に多毛が認められたため、用途を変更し育毛剤として開発、製造されました。
後に日本でも厚生労働省の認可を受け、1999年6月に大正製薬から「リアップ」という商品名で発売されました。

働きは?

ミノキシジルは血管拡張作用により毛包周辺の血流が改善されることで発毛作用があると考えられていますが、正確な作用については解明されていません。
主に初期や中程度の脱毛症に効果を発揮し、特に頭頂部の脱毛に効果があるといわれています。

ミノキシジルの効果は?

ミノキシジル(5%)使用者のうち約20%が軽度改善、約35%が中度または高度に改善したと報告があります。

使用について

一般用医薬品(OTC医薬品)のため、医師による処方箋を必要とせずに、薬局・薬店でご購入いただけます。
また、男性用・女性用のそれぞれを販売しております。小児には使用できません。
副作用には、ニキビの発生、動悸、皮膚の紅潮、手足のしびれ、性欲減退、手足・顔のむくみなどが報告されています。