AGAの正しい理解が対策の第一歩です!

AGA(エージーエー)とは

頭髪のイメージ AGA(エージーエー)とはAndrogenetic Alopeciaの略で男性型脱毛症のことです。
AGA(エージーエー)は思春期を過ぎた男性によく見られる症状で、額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛パターンがあります。
原因はまだ解明されていない部分も多いのですが、思春期以降、急激に増える男性ホルモンが大きく関わっていることが解っています。

AGA(エージーエー)の原因は?

AGA(エージーエー)進行図 AGA(エージーエー)の原因は男性ホルモンのテストステロンが5αリダクターゼという酵素の働きによって、DHT(ジヒドロテストステロン)に変化し脱毛を誘発します。
このDHTは受容体と結合して、髪に有害なサイトカイン(免疫システムの細胞から分泌されるタンパク質)である「TGF-β」を産生します。
「TGF-β」は退行期誘導因子とも呼ばれ、正常な毛髪サイクルを阻害したり、また「カスパーゼ」と呼ばれる自殺酵素を活性化することで毛母細胞死(アポトーシス)を誘発します。

※ジヒドロテストステロン(DHT)とは?
AGA(エージーエー)を発症するジヒドロテストステロン(DHT)
男性ホルモンの中で主なものはテストステロン(T)です。テストステロンは、ほとんどが睾丸でつくられ、血液で毛包の細胞質まで送られます。
そして、毛包の細胞質にある5αリダクターゼという酵素により、 強力な脱毛ホルモンであるDHTに変換されます。DHTは、テストステロンよりもホルモン活性が10〜30倍も強い男性ホルモンで、毛乳頭のレセプター(受容体)と結合し、毛母細胞の活動を低下させます。そのため、髪の毛は充分に成長しきる前に抜けてしまい、抜け替わるたびにだんだん細くなって、頭皮が透けて見えるようになります。
また、DHTによって毛母細胞の活動が抑制されると、栄養が必要ないと判断され血流が低下すると考えられています。
さらに、男性型脱毛症の方の大半は、脂漏性(しろうせい)脱毛症を併発します。
DHTに皮脂腺を刺激する性質があり刺激された皮脂腺から過剰に分泌された皮脂が、毛穴の中の古い角質と混ざり合い、毛穴をふさいで髪の成長を妨げます。
さらに、皮脂による汚れで頭皮に炎症をひきおこすと抜け毛増加の原因になります。

AGA(エージーエー)になると どうなるの?

AGA(エージーエー)進行図 AGA(エージーエー)では成長期が短縮し、退行期・休止期にある髪の割合が増大します。

髪は成長期、退行期、休止期というサイクルを繰り返します。
正常なサイクルでは休止期に入ると髪は一旦抜けますが、成長期に入ると再び活動を始め太く長い髪に成長します。
毛髪サイクルは多くの形質転換因子(サイトカイン)によって大きく影響されます。中でも強力な退行期誘導因子として作用する「TGF-β」は髪の成長を阻害します。

≪AGA(エージーエー)の進行≫

  1. ヘアサイクルが乱れ毛包が細くなるミニチュア化現象が起こる
  2. ミニチュア化が進み成長期に移行しない毛が増え毛髪数が減少
  3. 成長期にある髪が少なくなり、退行期、休止期の髪が多くなる
  4. 髪の成長が不十分で活動を休止した髪が多くなり薄毛が進行

≪正常時とAGA(エージーエー)時の比較≫
AGA(エージーエー)時は、成長期が短く退行期・休止期の髪が増加
    割合 期間
成長期 正常時 85% 2〜6年
AGA(エージーエー)時 79%以下 2年未満
退行期 正常時 1% 3〜4週
AGA(エージーエー)時 1%以上
休止期 正常時 14% 3〜4ヶ月
AGA(エージーエー)時 20%以上

AGA(エージーエー)の進行パターン

AGA(エージーエー)進行図

男性の脱毛パターン(Norwood-Hamilton)
AGA(エージーエー)による脱毛には、額の生え際から後退していくタイプ、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどさまざまな脱毛パターンがあります。

AGA(エージーエー)は早めの対策が重要です

AGA(エージーエー)進行図 AGA(エージーエー)は加齢とともに進行します。だから早めの対策が重要です。
毛髪数は加齢とともに減少します。AGA(エージーエー)の方の毛髪はヘアサイクルが乱れ、十分に成長しない髪が年々増加して毛髪数を減少させるスピードを急速に早めます。
放置してもヘアサイクルは正常に戻らないので早めの対策が効果的と言えます。

このページのトップへ